女性の筋トレ体験談

クッションを使った安定腹筋

女性,筋トレ,体験談

 

ぽっこりおなかをすっきりさせたいと思い、とりあえず腹筋を行っていました。部屋の床がフローリングでヨガマットなども持っていないため、いつも腹筋がきつくなるより先にお尻のゴリゴリとした痛さで腹筋が長く続かず、なかなか効果が出せずにいました。

 

そんなとき、偶然母がドーナツクッションを買ってきました。穴が開いているからお尻が床にゴリゴリせずいいかも...と半ば思いつきで腹筋をする際にお尻の下に敷いてみました。すると、いつもの腹筋よりも下腹にガツンと効いている感覚と、態勢が安定するためきついながらもこれまでより腹筋がしやすくなりました。

 

また上半身を起こす腹筋よりも、足を上下左右にしたり、お尻を軸にして体を縮こませるほうが断然効果が出ると気づき、それからはひたすらにこの方法で腹筋をしています。まだまだ目標ウエスト値には達していませんが、うっすらとおなかに縦ラインが入るようになりました。

 

くびれもほしいので、引き続きのコースとあわせてくびれ作りも頑張ります!

ダンスのためからダイエットのためへ

女性,筋トレ,体験談

 

私はずっとバレエやジャズダンスを習っていて、最初はダンスが上手くなるためには筋力をつけなければいけないと先生から教えられ、筋トレを始めました。その時は腹筋、背筋、側近、腕立て伏せや体幹などを毎日行っていました。

 

今考えると正直辛かったのですが、ダンスが上手くなるためにと思うと続けられました。現在は、たまに踊ることはあるのですが、以前のように本格的にはダンスはしていません。しかし、筋トレは続けています。

 

それは体型維持、ダイエットのためです。ダンスを本格的にやらなくなってからしばらくは筋トレをしていませんでした。しかし、同じ食生活をしていて運動をしなくなったのですから、もちろん筋力は落ち、体重も増えていきました。

 

そこで、ダイエットをしようと思いました。現在ダイエットのために行っている筋トレは、腹筋、背筋、側近、体幹トレーニングです。最近では腹筋の筋が入るようになってきました。ダンスを本格的にやっていた時とは違い、気づいたら筋トレをするという感じであまり気を張らずに行っていますが、逆にこのやり方が続けられて、私に合っているのかもしれません。

自重トレーニングで基礎筋肉をつける

女性,筋トレ,体験談

 

あまり筋トをすることが無い自分が器具を使用するのを少なく日常の中で取り入れやすい自重トレーニングを続けています。この自重トレをし始めた理由は年齢が20後半になって体のあちこちが痛み始めたため知人に相談したところ「20代で痛むのは筋力が落ちてんじゃないの?」と言われたことがきっかけでした。

 

それからジムなどに通うなどしましたが、はじめは通っていましたが段々面倒になりおろそかになっていきました。ジムはあってないなと感じ自分に合った筋トレ方法をネットで検索し自重トレーニングに出会いました。

 

トレーニングといっても腕立て、腹筋、背筋など簡単なものからスタートしました。最初は上限を設けてやり始め今では腹筋もうっすら割れ腕も以前と比べて太いのが自分から見ても分かります。そして体にあった痛みがなくなっていたのをやり始めて3か月後くらいに気づき、やはり筋肉がなくなってたのかなと思い知らされました。

 

筋肉は努力のたまものだとつくづく実感しました。

こまめに鍛える!常に鍛える!

女性,筋トレ,体験談

 

よく筋トレは2日おきにするのが良いとか、長時間するのは良くないとか、筋トレに関する情報は沢山出回っています。ただ、こういった筋トレに関する情報は、ボディビルディングなどの筋肉のプロフェッショナルのような人向けの情報だと私は思っております。

 

一般の方々は、筋トレにそれほど時間やお金が割けないのが、概ねの現状だと思います。そんな中でいかに筋トレをするかという事を私はいつも考えていますが、こまめに鍛える、常に鍛えるという事を常に意識しておくことが大切なのではないかと考えています。

 

少し重たい物を運ぶ時には、二の腕を鍛えることを意識しながら、色々な方向に腕を伸ばしながら重たい物を運んだりしています。階段を上る時には、足をがに股にするとももの後ろ側が鍛えられますし、内またにするとふくらはぎの内側が鍛えられます。

 

デスクワークをしている時にも、背もたれを使わずに、背中の筋肉と腹筋を意識して、姿勢を保つことでも、意外なほど効果的な筋トレができると思っております。意識するだけで、特別筋トレのために時間やお金を使わずに済むので、おススメです。

自重トレーニングを5ヶ月やってみました

女性,筋トレ,体験談

 

体型がドラえもんみたいになったのをきっかけに、自宅で自重トレーニングを始めました。実は、過去に何度も太ってはジムに行って減量に成功はしています。しかし、その体型を維持することは一度もなく、リバウンドを繰り返して来ました。

 

今回は、もうジムに行くのは面倒だと思い、自宅でできる自重トレーニングを開始しました。自宅でゆっくりおこなうので、5ヶ月間休まずに続けることができました。体重は20キロ近く減量して、メタボ体型が筋肉質に変わり、顔や首周りまで痩せました。

 

『ジムに通ってるの?』とか『何かスポーツをしてるの?』と聞かれることが多くなりました。自重トレーニングのコツは、どの筋肉を目標にしているのかをはっきりと意識することだと思います。腕立て伏せでも奥が深く、胸・腕・肩のどこをターゲットにするかでポーズが変わってきます。

 

毎朝30分、ストレッチ、腕立て、腹筋、スクワットを行います。それと別に、週に2回ほど本格的なトレーニングをしています。週に2回は2時間ほど時間を使い、ストレッチとジョギングをすませた後、身体の各部に焦点を絞ったトレーニングを色々実行します。

 

私は朝方人間なので、毎朝のトレーニングは無理なくできますし、週2回のトレーニングも苦になりません。もちろん、ジムに行って筋トレする方が早く効果が出ることは間違いありません。しかし、長く続けるということを考えると、自宅でトレーニングすることが正解でした。

ビルドマッスルHMB女性専用通販のお申込みはコチラ!トップページへダイエットしてもすぐにリバウンドしてしまう方、手軽に効率よくメリハリボディを手に入れたい方はトップページでビルドマッスルHMBの詳細を確認してみてください。