忙しい女性の筋トレ方法

忙しい女性でもスキマ時間で筋トレは出来る

女性,筋トレ,方法

 

ウエスト周りの贅肉が気になり始めた時に筋トレを始めました。

 

腹筋と背筋のトレーニングをするときに、足が浮かないように押さえる道具が必要でした。
必要な道具は家にあるものを工夫して使いました。

 

用意するものはお米の空き袋2枚と500mlの水が入ったペットボトル6〜8本です。
お米の空き袋は5キロの空き袋で十分です。
10キロの空き袋しかない場合は適当なサイズに袋の口を鋏で切ります。
お米の空き袋に水の入ったペットボトルを詰めて袋の端をしっかりガムテープで止めます。
これを2セット作って、腹筋や背筋をするときに足の甲や足の平に乗せて、重りにします。

 

ペットボトルはダンベルにもなります。
女性の場合は500mlのペットボトルから始めると重すぎず軽すぎず丁度いいと思います。

 

お米の空き袋もペットボトルもそのまま捨ててしまえばただのゴミですが、筋トレに活用出来ます。

 

主人から、どうせダイエットは長続きしないんでしょと言われました。
悔しかったです。
まずは元手0円で筋トレを続けて実績を積む必要がありました。

 

そして筋トレを1ヶ月持続出来るようになると本格的な道具を揃えたくなります。
1ヶ月続けられたので主人からスリムベンチの購入許可が出ました。
腹筋や背筋をするときに使う運動器具です。
私が購入したものは8千円ほどでした。
腹筋や背筋をするときにしっかり足を支えてくれるので、水が入ったペットボトルを空の米袋に詰めた重りよりもずっと使いやすいです。

 

筋トレはスキマ時間に出来るので、まとまった運動時間が取れない私にはピッタリです。

 

そして購入したスリムベンチを主人も使い始めました。
私は最低1ヶ月は続けないとダメだよ、途中で投げ出さないでねと、ふざけて言いました。

 

私に厳しく言った手前、主人もスリムベンチを使って地道に筋トレを続けています。
筋トレは一人でやっているとつい怠けたり、明日やればいいやと先延ばしにしがちです。
筋トレは地味です。単調な動きの繰り返しなので慣れてくると飽きてしまいます。
家族や友人に叱咤激励してもらいましょう。

 

そして、初心に帰って自分が筋トレを始めた目標を思い返してください。
私の場合はウエスト59センチのスカートを履くためでした。
実際にウエスト59センチのスカートを買って退路を塞ぎました。
ダイエット前のウエストは63センチです。
ダイエットに失敗したらウエスト59センチのスカートは履けずにタンスの肥やしです。
まさに背水の陣で筋トレに挑みました。

 

女性,筋トレ,方法

 

もし、筋トレの目的がダイエットの場合、ダイエット後に着たい洋服を先に購入してしまいましょう。
この服を絶対着たいという執念があると、筋トレを継続しやすくなります。
また、服を先に買ってしまえば、どのくらい身体を絞ればその服が着られるのか具体的な目標が立てやすくなります。

ビルドマッスルHMB女性専用通販のお申込みはコチラ!トップページへダイエットしてもすぐにリバウンドしてしまう方、手軽に効率よくメリハリボディを手に入れたい方はトップページでビルドマッスルHMBの詳細を確認してみてください。